読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チケットを握りしめて

元アンチが3rdテニミュドハマりして今に至ります

観劇記録2015

 

 もうすぐ年が明けます。今年1年は、まさに自分自身が大きく変わった1年でした。まず、テニミュにドハマりした。今も信じられない。きっと過去の私にチケットを見せたって、バスや新幹線の記録を見せたって「うそでしょ」って笑うと思う。

 

 とりあえず、全部今からレポはかけないから。思い出を振り返ろうと思う。各公演に思い出がいっぱいあって、思い出すたびになんだか「あ~しあわせだったなあ」とか「つらかったなあ」とか色んな感情がある。そのなかには、きっと黒歴史と言われるものだってあるのだと思う。これだけ1年で激変するのだから、予想なんてできるはずがない。いつの日か、黒歴史だった!と思ったとしたって、この1年はすごくすごく大切で、いっぱい泣いた1年でした。

 

2015

04.12(夜)3rd vs不動峰

05.16(昼)

05.17(夜)

07.29  Team Live不動峰

07.31

08.01(昼・夜)

09.05(昼・夜)3rd vsルドルフ 初日

09.20(昼・夜)

11.2(夜)

11.3(昼・夜)

12.24 3rd山吹初日

12.25 リンカネ

 

 テニミュだけで、15回。そしてほかの舞台1回。DVD縦断イベントを11.7に行ったので、テニミュ関係16か!びっくり!まじか!まじか!信じられない!笑

 

04.12(夜)3rd vs不動峰

 生まれて初めてみた「テニミュ」どういうもんよ、と思ったくせにドハマり大号泣。帰りの新幹線でドバドバ涙が溢れてつらかった。友人に「生写真って笑」って言ってたくせに、帰りにはしっかりと生写真買っていました。

 そういえば、あのお隣さんは一体何者だったのでしょうね。本当に人生が変わった日でした。

 

05.16(昼)

 急いで追加したチケット。でも本当は「もっとみたい!まだみたい!」だった。不動峰がかっこよくて、ずっと暗闇を見ていた。黒いジャージがかっこよくて、まぶしくて。彼らの夏が目の前にあったことが本当に信じられなかった。

 このあと友達の家に泊まりに行ったんですけれど「広瀬さんどうしたの!?」ってマジで心配されて「テニミュで泣いた…」って言ったら爆笑されたのもいい思い出です。

 タカさんと神尾とハイタッチできて、2人ともファンサがあまりにもうますぎて通路席の私や私よりずっと隣の方まで大盛り上がりだった。

 

05.17(夜)

 不動峰大楽!これね、譲渡して頂いたんですよ。今でも覚えている。嘘でしょ!?ってびっくりした。行けると思わなくて、それでも諦めたくなかった。必死に探して探して、ご縁があって入りました。号泣しすぎて、立ち上がれなかった。

 「行こうぜ、全国!」のコールのときに「ぜんk……うわぁっ」てなっちゃって、それからずっとハンカチで口を抑えていた。あんなに号泣したの人生初ってレベルで、なんでもう不動峰と会えないんだろう!って本気で思った。そして、原作を読んだときに感じた不動峰の熱さを実際に感じれて本当に最高だったなあ。

 あと、いまだに思うんだけど、橘桔平は現実だって思った。

 そしてね、たしかこの大楽の朝にチムライのチケット一般販売だった気がするの。朝コンビニに駆け込んだのも懐かしい。

 大楽挨拶で、チムライで会いに来てください!な言葉を橘桔平役の青木空夢くんが言った瞬間に「行きたいけどチケット完売です!!!おめでとう!!!!」ってつらかった笑 しかし不動峰それだけ人気なんだよ、ありがとう、不動峰をこんなに見せてくれてありがとう!って大号泣。懐かしい~!

 この時点でチムライ0枚。1枚もチケット取れなかったんです。TSCもテニモもあったんだけどね!?笑

 しかし結果的に4枚になります。諦めない心、大事だと学ぶ。

 

07.29   Team Live不動峰

 初日!初日!最高!たのしい!叫んだ!楽しすぎて、楽しすぎて、もう意味が分からなかった。

 実はこのチムライまでに、風邪を長い事こじらせて声が出なくなっていました。でもチムライまでにきっちり治していて、自分のオタクらしい部分がすごいなと思いました。

 本公演はただみているだけで、どれだけ感情があったとしても何も出しちゃいけないんですよ。だから、あれだけ思い切りコールできて叫べて、みんながキラキラする舞台を見れるのが幸せだった!ああ~~~幸せだったよ!!!!!

 お見送り、とんでもなかった。ただ熱中症とか、キャストさんの体調がまじで不安だった。そして、次の日は私生活でどうしても外せない様子があって帰らなくちゃいけないのに、帰れなくて笑 新幹線逃したんだっけ?友達の家駈け込んで泊めてもらって、始発の新幹線で帰りました。

 

07.31

 戻ってきたよ東京。なんかもうこのころから「チムライとは、麻薬なのでは?」と本気で思い始める。お見送りの精度が上がっている。

 ここで、橘桔平からファンサを貰う。私は彼に名前を呼ばれたことを一生忘れない。キャストではなく、キャラクターにファンサを貰うことほど嬉しい事はないと思った。私の理想の橘からのファンサえげつないほど感動しちゃって、思わず泣いて。後ろに並んでいた出会ったばかりの方に支えてもらって…笑

「気をしっかり!」

 そう言われたのも懐かしいです。思い出して笑っています。それに、私毎公演泣いてる。今もその方はフォロワーさんで、仲良くさせていただいていて、感謝いっぱいです。本当にとんでもない出会いや助けられ方してますね。たいへん申し訳ない。

 

08.01(昼・夜)

 これも譲渡でした。今思えば本当にすごいよ、行きたいって言って本当に行っていました。もう号泣して、ダメダメでした。あ~帰りたくないって本気で思った。終わってほしくなかった。不動峰をもう2度と見れないんだ……って悔しくて、もっともっと彼らに会いたかったと思った。それくらい、素敵だったんです、不動峰

 

09.05(昼・夜)3rd vsルドルフ 初日

 初日絶対に行く、と決めたのは「不動峰もでます!」と告知があったから。たしか平日に告知あったものだから、まじで泣いてしんどかった。午前と午後であきらかに顔が違った。

 そんな心のまま行った初日。あまりに美しいルドルフ公演に圧倒された。不動峰かっこいいし、ルドルフはルドルフで雰囲気がすごい。すごいの。

 ただ昼公演で「うわっ淳めちゃくちゃ良い声だな」って思ったらめちゃくちゃムキムキでびっくりした。あと、赤澤がすごく赤澤でびっくりしたのに、お化粧ないお顔だと凄くふにゃふにゃな笑みを浮かべているものだから、テニミュの化粧技術と役者さんの雰囲気のすごさを実感した。

 

09.20(昼・夜)

 たしか宮城公演。マチソワどちら ものすっっっっごく前列の方でみた。夜には柳沢のラケットを客席に向けた後挑発する部分が丁度真正面で、思わずくらくらしたのを覚えている。

 あと宮城楽で淳役の佐藤祐吾が号泣して、思わず涙ひっこんで笑ってしまった。もう、ふぐ…って泣き出すものだから、キャストも笑ってた。会場が一斉にオペラグラスを構えて、不動峰キャストが「やばいやばい」って笑っていたの聞こえてしまって申し訳ないと思いつつ、祐吾くんをしっかり見てしまった。

 

11.2(夜)

 作者の許斐先生がいらっしゃった!先生!先生だ!長年原作好きな私思わず息が止まる。人生初の連番で、フォロワーさんと一緒。もうはんぱないほど泣いて笑って息をのんでいた。赤澤とハイタッチできてうれしかった思い出。

 でもなにより、先生がいらっしゃった公演に行けたことが嬉しい。そしてあの日の日替わりが一番気合入っていたよね!?先生がいたからか!?

 この日の夜一緒に連番したフォロワーさんとホテルにいって、朝の4時まで私の部屋で語り合ったのはいい思い出です。朝7時に起きて準備して、やばい眠くなったらどうしよ~って思いましたが、テニミュずっと息をのんだり笑ったり泣いたりで眠気は一切こなかった。

 フォロワーさんの手を思い切り握ってしまって「ゴリラみたいな握力でごめん」っていったら、わりと真顔で「チンパンジーくらいはある」と返された。たいへん申し訳ない。

 

11.3(昼・夜)

 なんかもう、号泣してた。昼観て号泣して、マチソワ間にいろんな方とお会いしたのだけれど、私大体泣いていたので、めちゃくちゃ申し訳ない。不動峰公演で出会った方々とこうしてご挨拶できて、めっちゃしあわせだなあと思っていた。

 

 大楽はねえ、もうねえ、だめだったよ。もう始まる前から泣いてて、そしてずっと泣きっぱなしで。ルドルフ最高~~~不動峰最高~~~青学最高~~~~って大号泣。もうどこも負けてほしくないし、いっそのこと何も知らない記憶ないままテニミュみたいって思ったほどだった。本気でしんどくて泣く。

 そして部長挨拶で泣く。めちゃくちゃ泣いた。もう泣いて視界ブレブレなんですよ。それでも必死にハンカチでぬぐいながら、オペラグラス握っていた。

 帰りの新幹線ギリギリで飛び乗って、新幹線の中でアイス食べた。泣き止んでいて「ああ、楽しかった」と思っていたのに、アイス食べた瞬間泣き出した。ぽろぽろ涙が溢れるものだから、もうヤバい。駐車場から車を出して。でも運転ままならなくて、近くのコンビニに車をとめて、ココア買ってきて飲んでた。

 もうさ~星空めちゃくちゃ綺麗な日だったんですよ。泣きながらツイッター開いたらフォロワーさんが「ルドルフ大楽の夜で、こんなに星がきれいで~」みたいなこと呟いてて思わず「ああーーーーめっちゃ綺麗~~!」とか泣きながらオリオン座眺めてた。安っぽいドラマもびっくりなレベルで星で号泣した。今思うと私やばいでしょって感じなんだけど、その時は本気でダメだったんですよね。

 テニミュは涙腺をこわす何かがあるのかって思う。私の涙腺どうかしてる。

 

12.24 山吹初日

 そして迎えた山吹初日。ああ、不動峰はいないんだなってわかった。けれど、山吹と出会えた喜びでいっぱいだった。

 泣いて笑って、たのしかったなあ。涙をひっこませて、最後は「たのしい」と思えるテニミュ最高かよ。

 

12.25 リンカネ

 応援する青木空夢くんの出演する舞台に。あーかっこよかった。でも帰り泣きすぎてフォロワーさんに何度も「大丈夫?」って聞かれた。全然大丈夫じゃなかった。帰りの電車で知らない人に「大丈夫ですか」って声かけられて、思わず泣いて頷いたけれど、内心「大丈夫なわけねえだろ~~~!」って感じだった笑

 今思えば、クリスマスに泣いてるのヤバいわ。ヤバい。なんなんだろね。まじヤバい女感ある。

 

 このように、毎回泣いていました。テニミュの数だけ泣いてた。観劇の数だけ泣いてた。びっくり。

 実は涙そんなに出ないタイプで(今までブログ読んでいる方やお会いした方からすれば、嘘つくなって言われそうなんですが本当です)こんなに感情的に号泣するなんて思ってもいませんでした。

 

 今年1年いろんな出会いがあって、たくさんの方と出会えて本当に嬉しかったです。本当にありがとうございました。

 いっぱい泣いて笑って、素敵な1年でした。

 来年も、いっぱい泣いて笑って、素敵な1年にしたいと思います。

 これからも私は、チケットを握りしめるのだと思います。そして、また泣きながら「しあわせだった」とか「かっこいい」だとか、いろんな感想を書くのだと思います。これからも1つ1つの公演を、全力で楽しんで、全力で泣いて笑って感動したいと思います。

 

 そして来年こそは!歌舞伎と宝塚をみたい!テニミュもみたい!むしろメインはテニミュになりそうですね。

 色んな舞台や演技をみて、たくさんの役者さんに出会いたいと思います。そして観客として全力でその熱を受け止めたいと思います。

 

 それでは、良いお年を。来年もよろしくお願いいたします。