読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チケットを握りしめて

元アンチが3rdテニミュドハマりして今に至ります

気付けば5月になっていた

 先月の卒業発表直後の「ROAD」見ましたか? 私は発売日夕方に見て、椅子から崩れ落ちて泣きながら見ていました。たったの開始数分の出来事です。バカみたいだなって冷静になった今は思うのですが、冷静さが吹き飛ぶくらいに泣いたのは、よくもこんなタイミングで出したなって少し恨むような気持ちも含まれていました。しかしそれを上回るくらいに、キャストの努力やきらめきの一部を見れたことへの感謝でいっぱいでした。

 色々感想はあるのですが、1回見て棚にしまいました。次に見るのは、氷帝公演初日前だと決めています。なんとなく、彼らの決意にも似たインタビューを再び見るのは本公演前がベストなのかもしれないと個人的に思ったからです。特に8代目黄金ペアの、本田と石田のインタビューが好きすぎて、もうわんわん泣きました。でも何に泣いたの?って言われると、「全国を見据えていた8代目黄金ペア」っていうのが、もう、涙腺にガツンときちゃったんですよね。だって本田・石田の演じる黄金ペアが全国できらっきらな笑顔を見せてくれると私勝手に思い込んでたんですよね。本当に大好きなんですよね。

 

  でも先月にぼんやり思ったのは、ファンになった私が、ドリライ前にメソメソしたってしょうがないよなって。精一杯に楽しんだ方が、いいんだろうなって。当たり前のことかもしれませんが、ちょっと時間をおいてやっと理解し始めました。彼らは今一生懸命ドリライの稽古をしていて、汗を流して苦しい思いをして、でもその先にまさに夢のような空間を私たち観客に与えてくれる。それなのに、やけにジメジメした気持ちでみたら失礼だなって思ってしまった。彼らがまっすぐに向き合ってくれるからこそ、私もまっすぐに向き合ってそのきらめきを見なくちゃなって、なんか意味分からないんですけどそう思いました。

   彼らが観客に与えるきらめきは、観客が想像も出来ないような辛く厳しい努力があるからなんだろうなと勝手に思っています。いやもう、かっこいいですよね。感謝しか浮かばない。ありがとう。キャストやテニミュに関わる沢山の人のお陰で、私はあんなドキドキできるきらきらな世界を見れるんだなあと思うと、有難いよなあって思ってしまう。

 あーーー、ドリライ楽しみだなーーー!!!! もう、楽しみすぎてカウントダウン動画にドキドキしています! いやあ、楽しみ。

 

 ドリライで、再び不動峰と会えることが実は一番どきどきしています。不動峰として、再び集まってくれる。不動峰というチームを、再び私は見れるんです。もう夢みたいだよなあって、すごく楽しみです。

 不動峰の出演情報、今思うと幸せな慌ただしさだったなあ。次出るよ!とかチムライやるよ!って言われてじわじわ泣きながらチケットを探して。勿論難しいこといっぱいあったけれど、幸せな時間でした。

   何度でも言いたいのですが、不動峰チームライブ最高なのでDVD・BD絶賛発売中なので見てください。どこがいいと言われたら、全部ですとしか言えないです。いやもう不動峰にお見送りされたこと、昨日のように思い出せちゃうんですよね。完璧すぎた。完璧すぎて、まさに「夢を見れた」と思うんです。夢を見させてくれた彼らに、精一杯の拍手を送りたいです。不動峰が大好きでよかった、彼らが不動峰でよかったと実感した。いまだに京都に行かなかったこと、後悔しています。それくらいに、私は不動峰のチムライが大好きです。

  チムライの感想、ちゃんとあるのですが卒業発表からのROADで大分飛んだなあと思います。しかしメモをみながら、ちょこちょこ書いています。記憶に残る部分だけでも文字に残しているのですが、やっぱりすぐ書けばよかったと後悔しています。

 そして、4月5日の古田・本田の出演したラジオ! あのラジオを始まる大分前から聞いたのですが、「テニプリというブランド力」という言葉がとても印象に残りました。

 しかし、古田の「テニスの王子様」に関する魅力や、彼の熱い思いを聞けてすごく満足しました。やっぱり古田はラジオやインタビュー、もっともっと聞きたいし見たいと思える人だと思います。彼がテニミュ公式SNS以外から発信する情報として、雑誌のインタビューはかなり大好きで読んでいるのですが、やっぱり言葉が好きだなあと思います。今後頑張ってほしい。

 最近じゃ、このインタビューも好きです。すぐ見られるので、ぜひ見てほしいです。本当に素敵なインタビューをありがとうございます……。ドリライについても語られていて、ウェブで見れていいのかなって思いました。感謝~~!

http://www.astage-ent.com/stage-musical/dreamlive2016-4.html

 しかし服装に関する話もありますが、彼らが発信する情報の一つなんだよなとその服装を見ながら思います。このインタビューだと、財木の「似合えばいいかな」という言葉がすき。あと「ツンツンドライ」がすき。

 ウェブ公開のインタビューだけでも、ここが好きってのまとめられたらいいなあ。

 

 私は文章を読むのが好きで、ブログや記事を読むことが好きです。なので、自分が好きだったり、応援したいと思う方のインタビューはめちゃくちゃ読みます。だから部長たちの記事もじっくり読みました。やっぱりインタビュー、いいですね。読んでいてすごく楽しい。

   なので、自分の応援する方々が今後も長い長い文章で自分の気持ちを語る場面が、沢山ありますようにと願っています。140字では足りないくらいに、沢山語ってほしい。言葉はその人を表すものだと思っているので、私は自分が好きだと思った人の言葉を沢山聞きたいし見たいです。だからこそ、ブログやインタビュー記事をこれからも楽しみにしようと思います。

 

 ドリライは物販も発表され、カウントダウン動画もあってどきどきが増してきました。TLではハエ叩きと呼ばれていましたが、あのラケット型のライトをふるのが楽しみです! しっかり握るとはいえ紐がなくて不安なので、紐つける部分ほしいですね…。あるのかな?

   私は休みが無事とれるのか、そして会場に無事いけるのか未だ不明な点が多くて、別の意味でどきどきして胃がぎゅうぎゅうと痛いです。行けると念じているので、当日無事会場にいると信じています。休みによっては大阪も行きたいくらいの気持ちです。大阪は近所、と言ったフォロワーさんの言葉に背中を押されています。

   とりあえずチケットのある日程だけでも、なんとか、なんとか……! 会場で泣いて笑ってラケット(型のライト)を振るのを楽しみにしようと思います。